一人で子どもを養うために、人見知りだけど保険の営業になった体験談。 | 営業マンの体験談

一人で子どもを養うために、人見知りだけど保険の営業になった体験談。

営業マンの体験談

一人で子どもを養うために、人見知りだけど保険の営業になった体験談。

私は、若くして出来ちゃった結婚をしました。
旦那の借金があることが発覚し、最初は一緒に返済しようと努力しましたが、旦那は支払いのお金でパチンコに行ってしまうような人で、この先やっていく自信がなくなり、離婚しました。
借金は、すべて旦那の名義だったので、別れれば私は借金ゼロです。子供2人が居ましたが、一からスタートしようと意気込んでいました。

しかし、女で子供2人を養える収入を得ようと思うと、その当時は営業くらいしかありませんでした。職安で紹介されたのは、宝石を売る営業でした。それはいかにも怪しかったので、断りました。友達に相談すると、保険の営業を紹介されました。私は、どちらかと言うと人見知りがあったので、営業は本当に嫌でしたが、子供たちのために保険の営業の仕事に就くことにしました。
家族の反対を押し切り、離婚したので、私1人でも子供達を立派に育ててみせると、意地もありました。子供達のために、自分を演じようと心に決めました。
研修期間が終わり、成績を上げないといけなくなってからも、意地と気合いで成績を上げていきました。

仕事内容は、既にご契約を頂いていて、担当者が辞めてしまっているお客様の所へ、電話でアポを取り、アフターフォローにお伺いしたり、新しい契約内容に変更したりしました。新規の契約を取るには、企業へ飛び込みし、お昼休みなどに訪問させてもらえるようにお願いし、そこで働いている人達に、商品のご案内をしたり、担当地区の個人宅に飛び込みやポスティングをして、商品のご案内をしていました。
その頃は、保険の勉強をして、自分の会社の商品は素晴らしいと、思い込んでいましたので、お客様にも自信を持って勧めていました。面白いように成績ができて、仕事に夢中になっていきました。

部下を採用したりもして、1年半で所長になれて、自分のチームを持ちました。
部下を育てるのも大変で、言うことを聞いてくれる人ばかりではありませんでしたし、私が若かったので、部下に年上の人が居たりもして、やりづらい事もありました。その中で、成績も上げないといけなくて、本当に大変でしたが、上司もアドバイスをしてくれたりして、なんとかやっていました。この頃には、収入も良く、ボーナスも多かったので、男並みには稼いでいました。お金に困ることはありませんでした。
お客様の中には、色んな人がいて、ストーカーのような人も居ました。逆ギレするクレーマーも居ました。上司と本社のクレーム担当の人と一緒に、謝りに行ったこともあります。行けば行ったで、すんなり許してもらえました。もちろん、こちらは悪いことは何もしていませんでしたが。

入社してから3年ほど経った頃から、他者の商品も勉強していくに従って、

自分の会社の商品は、お客様にとって良い保険なのか?

と疑問を持つようになりました。
だんだんと、自信を持って勧めることが出来なくなって、成績が出来なくなっていきました。人と会うのも嫌になってきて、部下も言うことを聞かないし、外回りに行くと言って会社を出て、人目につかない所でサボるようになりました。
活動をしてないので、もちろん成績も出来ませんでしたが、ズルズルと辞めれずにいました。

ストレスから、毎日大量にお酒を飲むようになり、二日酔いでズル休みや遅刻をして、会社での評判も落ちていきました。人に会うのが嫌で、ノルマの重圧もあり、過呼吸になるようにもなりました。過呼吸になる恐怖から、ますます出社しずらくなっていきました。
収入も減って、会社に行くガソリンすら入れられないくらい、生活も苦しくなっていきました。

その頃は、勤めて7年になっていました。
もうヤル気も無くなって、このままではいけないと思い、会社を辞めようと思いました。
その頃会社では、私がガリガリに痩せていっているので、変な薬をやっているんだという噂が立っていました。それを聞いて、本当に呆れましたが、反論する気力さえなく、勝手にそう思っとけ。と思い、何もかもほっといてそのまま逃げるように辞めました。
営業は、身も心もボロボロになる仕事です。自分が一生懸命やっても、報われない時もあります。人相手の仕事なので、お客様にも部下にも色んな人がいることがわかりました。人間は、自分さえ良ければそれで良いのです。それは、私もそうです。家族以外に尽くす気もありません。

仕事を辞めて、本当に楽になりました。いまだに知らない人が多い所に行くと、不安になりますが、過呼吸は出なくなりました。再婚して、幸せにもなれました。

営業の仕事をして、もう無理だと思ったら、心を病む前にさっさと辞めることをオススメします。